2010年03月27日

出店です


puestocholizok.jpg
アレパを焼くドラム缶の用具は出店(pueto:プエト) で大活躍です。
煙で見えませんが、小さなアレパも一緒に焼いて
チョリソの串の先に付けてくれます。
1500ペソは80円ほどです。


cholizo1_1.jpg
細めの腸詰、チョリソ(cholizo) です。
屋台で撮った1枚です。
バナナの葉上に、アレパと一緒に乗っています。
ビール(cervezaセルベッサ) が60円くらい、
総計200円しないのはオジサンたちの強い味方です。


puestopizzak.jpg
出店(puesto:プエスト) で売っているピザ(pizzaピッツア)です。
大きいでしょ〜。
これを8等分して、ひとつ1000ペソで売っていました。
1枚全部買っても450円しません。
思わず、2枚食べちゃいました^^

でも、パイナップルコーンで甘いんですよ。
こちらでは甘いピザが主流みたいです。
店でもタバスコは置いていません。

posted by 船ドラ at 18:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

ぶにぇーろ3


コロンビアメデジンでは、朝ご飯ブニェーロを毎日食べていました。
チーズ(ケソ)が入っているようです。

揚げたてで、熱々をいただいていたので、どこで作っているのか興味があって
毎朝買いに行っている店に、連れて行ってもらいました。

今、あがりましたよ。

熱々ですよ。
こんな小さな店が沢山あるんです。

カメラが小さかったので、誰も動画を撮っているとは思えなかったようです。
みんな動きがぎこちないですね^^
posted by 船ドラ at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

ブニェーロ2


今回は前回の続きです。
読んでいない人はまずこちらをどうぞ↓
http://colombiaviaje.seesaa.net/article/144200369.html


友人の家でのブニェーロ作りの様子です。

bnelo2k.jpg
トウモロコシの粉とチーズ、それに少量の水を混ぜ、
こねて適当な形をつくります。

水を入れすぎないことが大切だそうです。
入れすぎるとまとまらないし、油はねがすごいです。


日本で作る時、私は 水の代わりに牛乳を使いました。しっとりします。
我々が作る時は、もう少し深めのボウルが 使い易いと思います。

bunelo3k.jpg
適当な大きさにしたら、油で揚げます。
メデジンやボゴタで売っているようなまん丸の形のブニェーロには
なかなかなりませんよ^^;


(*^-^)ノ~~ 次回は、メデジンでブニェーロを買います。



posted by 船ドラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。